FOLLOW US

チーム作りに励むロジャーズ監督「スアレスが抜けても上手くいく」

リヴァプールを率いるブレンダン・ロジャーズ監督(中央)[写真]=Liverpool FC via Getty Images

 リヴァプールのブレンダン・ロジャーズ監督は、バルセロナへ移籍したウルグアイ代表FWルイス・スアレスが「いなくても大丈夫だ」と語った。22日、イギリスメデイア『スカイ・スポーツ』が伝えている。

 チームのエースであるスアレスの慰留に努めたロジャーズ監督は、「彼は非常に優れた選手で、ここにいないのは残念だ」と話しながらも「ルイスなしでも、リヴァプールはもう一回り成長できるだろう。チャンピオンズリーグの出場権も得ているし、何人かの良い選手も獲得した。上手くいくはずだ」と新シーズンへの意気込みを語った。

 ロジャーズ監督は、イングランド代表からの引退を表明したMFスティーブン・ジェラードについても言及。「イングランドの素晴らしいキャプテンだった」と称え、「スティーブンの決断は、新シーズンにいい影響をもたらしてくれる。リヴァプールは彼の全てだ。きっと新鮮な気持ちで、最善を尽くしてくれるだろう」と語り、ジェラードへの強い信頼を見せている。

 現在アメリカツアー中のリヴァプールは、インターナショナル・チャンピオンズカップに参加し、27日にシカゴでのオリンピアコス戦、30日にニューヨークでのマンチェスター・C戦、8月2日にシャーロットでのミラン戦を迎える。

チャンピオンズリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA