2014.07.21

リヴァプールのランバート、背番号9着用を喜ぶ「素晴らしいこと」

ランバート
伝統の背番号「9」着用に喜ぶFWランバート [写真]=Getty Images

 リヴァプールに移籍加入したイングランド代表FWリッキー・ランバートは、伝統あるクラブの「9」のユニフォームを身につけることを喜んでいるようだ。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 今夏、サウサンプトンからリヴァプールの一員となったランバートは、元ウェールズ代表FWイアン・ラッシュ氏や元イングランド代表FWロビー・ファウラー氏、そして、現在チェルシーでプレーするスペイン代表FWフェルナンド・トーレスといったストライカーが身につけてきた背番号「9」のユニフォームを着て新シーズンに臨むこととなった。

「僕にとってはその背番号を身につけることは素晴らしいことだ。僕は常に自分自身を9番の選手だと考えている。そういう選手なんだ。だから、リヴァプールでその番号のユニフォームを着ることは信じられないほど素晴らしいことだよ。どんな番号でも、ユニフォームの前にリヴァプールの紋章が付いているなら幸せだったと思うよ。だけど、9番はその中でも特別だ」

 またランバートは、19日に行われたプレシーズンマッチのプレストン・ノース・エンド戦でリヴァプールでのデビューを飾った。憧れのリヴァプールの一員として臨んだ一戦についても次のように振り返っている。

「特別な瞬間だったね。でも僕はプロだし、今は32歳だ。自分の感情を抑えることはできる。今、重要なのはコンディションだよね。そのことに集中しているよ。そしてベストを尽くして得点を決めようとしている。得点できなかったことは残念だったけど、試合を楽しんでいるんだ」

「僕はキャリアの中でいくつかビッグゲームでプレーしてきた。それでも、試合前はかなりナーバスになった。とはいえ、特別な瞬間だったし覚えているものになるだろうね」

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
フィオレンティーナ
10pt
サッスオーロ
10pt
欧州順位をもっと見る