2014.07.15

カバーニ、移籍の可能性を示唆…マンUが関心と英メディア報道

マン・U移籍の噂が浮上したウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ [写真]=Getty Images

 パリSGに所属するウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニが、今夏の移籍市場でプレミアリーグのクラブへの移籍を希望しているようだ。イギリスメディア『スカイ・スポーツ』が14日に報じた。



 パリSGでの起用法に不満を抱えているとされるカバーニには、以前からチェルシーやマンチェスター・Uが関心を寄せていると報じられていた。中でも、2013-2014シーズンのリーグ戦で7位に終わったマンチェスター・Uはチャンピオンズリーグ出場権を有していないが、カバーニの獲得に最も強い関心を示していると言われている。

 マンチェスター・Uへ移籍する可能性を問われたカバーニは、以下のようにコメントした。

「フットボール界に絶対はない。フットボール界では何でも起こり得る。今は現所属チームでプレーしていても、次の日には違うチームのユニフォームを着ている可能性は大いにある」

 2013年の夏にリーグ・アン最高額である移籍金6400万ユーロ(当時のレートで約83億5000万円)でナポリからパリSGへ加入し、リーグ戦30試合で16得点を記録したカバーニ。しかし、自身の希望するセンターフォワードの位置にはスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチがいるため、カバーニはウインガーでのプレーを強いられていた。

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る