FOLLOW US

積極補強のアーセナル、コロンビア代表GKオスピナ獲得へ

アーセナルからの関心が報じられたコロンビア代表GKオスピナ [写真]=Getty Images

 今夏の移籍市場において積極的な補強を見せているアーセナルが、ニースのコロンビア代表GKダビド・オスピナの獲得に迫っているようだ。イギリス紙『テレグラフ』が報じている。

 すでにバルセロナからチリ代表FWアレクシス・サンチェスを獲得し、レアル・マドリードのドイツ代表DFサミ・ケディラや、ニューカッスルのフランス代表DFマテュー・ドビュッシーの獲得に近づいていると言われるアーセナル。今夏に大型補強を目指すクラブは、スウォンジーに移籍したポーランド代表GKルカシュ・ファビアンスキの後釜として、オスピナの獲得に迫っているようだ。

 同紙は13日、アーセナルが300万ポンド(約5億2000万円)の移籍金で、翌週中にもオスピナの獲得を決める見込みであると報じた。報道では、当初アーセナルは、カーディフのスコットランド代表GKデイビッド・マーシャルの獲得に動いていたものの、カーディフの要求する1000万ポンド(約17億3000万円)の条件に二の足を踏み、より安価なオスピナにターゲットを変更した模様だ。

 また、現在アーセナルは、オスピナ獲得のオペレーションと並行してアトレティコ・マドリード所属のスペイン人DFハビエル・マンキージョの獲得にも近づいているようだ。なお、このスペイン期待の右サイドバックを獲得した場合、イングランド人DFカール・ジェンキンソンをレンタルで放出することも考慮しているという。

(記事/超ワールドサッカー)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA