2014.07.01

チェルシー、DFアシュリー・コールの退団を正式発表

アシュリー・コール
クラブ側から正式に退団が発表されたDFアシュリー・コール [写真]=Getty Images

 チェルシーは6月30日、元イングランド代表DFアシュリー・コールの退団を発表した。クラブの公式HPが伝えている。

 5月に自身のツイッターでチェルシーに別れを告げていたA・コール。そして、この度、クラブは契約が満了した元イングランド代表DFの退団を正式に発表した。

 2006年の8月にアーセナルからチェルシーへ加入したA・コールは、長年にわたり左サイドバックの主力として活躍。プレミアリーグ優勝1回、FAカップ優勝4回、リーグカップ優勝1回、チャンピオンズリーグ優勝1回と数々のタイトル獲得に貢献し、チェルシーの黄金時代を支え続けた。

 しかし、ジョゼ・モウリーニョ監督の第2次政権下となった2013-2014シーズンは、スペイン代表DFセサル・アスピリクエタにレギュラーポジションを奪われ、リーグ戦での出場は17試合に留まっていた。

 チェルシーに多くのタイトルをもたらしたA・コールに対して、クラブは「チェルシー・フットボール・クラブは、8シーズンの中で多くのトロフィーをもたらしてくれた彼に感謝している。彼の将来が良いものになることを願っている」という声明を発表している。

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る