2014.06.08

マンU退団のファーディナンド、新天地にトッテナムを選択か

ファーディナンド
マンUで数々のタイトルを獲得したファーディナンド [写真]=Getty Images

 2013-14シーズン限りでマンチェスター・Uを退団することが決定している元イングランド代表DFリオ・ファーディナンドの新天地は、トッテナムとなる可能性が高いと、イギリス紙『デイリー・メール』が伝えている。

 2002年にリーズからマンチェスター・Uに加入したファーディナンドは、公式戦455試合に出場し、6度のプレミアリーグ優勝や2度のリーグカップ優勝、チャンピオンズリーグ、FIFAクラブ・ワールドカップなどのタイトルを獲得してきた。だが、先月の12日に同クラブはクラブの公式サイト上で、同選手がシーズン終了後に退団することを発表していた。

 来シーズンも現役を続ける意向を示している35歳のファーディナンドの下には、国内外の複数クラブからオファーが届いていると言われている。同紙は、その中でトッテナムがファーディナンドの新天地になると主張。その理由として、ファーディナンドが家族とともにロンドンへ引っ越し済みであることを挙げている。なお、スパーズとともに有力な移籍先と挙げられている、ロンドンに本拠地を構えるQPR(クイーンズ・パーク・レンジャーズ)は先日に同選手獲得の可能性を否定している。

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る