2014.05.04

首位浮上のマンCペジェグリーニ監督「優勝争いは終わっていない」

3日のエヴァートン戦でナスリ(右)に指示を出すペジェグリーニ監督(左)  [写真]=Getty Images

 3日に行われたプレミアリーグ第36節で、マンチェスター・Cはエヴァートンと対戦し、3-2で勝利した。マンチェスター・Cを率いるマヌエル・ペジェグリーニ監督は、優勝に向けて重要な勝利だったと語った。イギリスメディア『BBC』が伝えている。

 同試合の結果、マンチェスター・Cはリヴァプールと勝ち点と得点数で並んだが、得失点差で上回ったため、首位に浮上。優勝に有利な立場となったが、ペジェグリーニ監督は更なる集中が必要だと強調した。

「これは優勝に向けて大きな一歩だ。だがリヴァプールに負けた後と変わらず、私からのメッセージは、『優勝争いは終わっていない』だ」

 また同試合について、「とても重要な試練だった。私たちは素晴らしいチーム相手に、良い試合をしなければいけないのは分かっていた。エヴァートンは良い状態が続いている。とても重要な勝利だった」と語り、さらに残りの試合について、「自分たちの試合に集中しなければならない。すぐ日曜日からアストン・ヴィラ戦のために準備を始めるよ」とコメントしている。

 マンチェスター・Cは、7日に行われるプレミアリーグ第37節アストン・ヴィラ戦と、11日に行われる第38節ウェストハム戦の2試合が残っている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る