2014.05.03

マンUのフェライニ、恩師モイーズの退任について「悲しかった」

フェライニ
恩師モイーズ前監督について語ったフェライニ [写真]=Bongarts/Getty Images

 マンチェスター・Uに所属するベルギー代表MFマルアン・フェライニが、退任したデイヴィッド・モイーズ前監督についてクラブ公式チャンネル『MUTV』で語っている。イギリスメディア『BBC』が伝えた。

 エヴァートンでモイーズ前監督の下でプレーしていたフェライニは、同監督がマンチェスター・Uの指揮官となり、初めての補強として、恩師を追う形でチームに加入している。しかし今シーズンは、エヴァートン時代の様な活躍を見せることが出来ず、苦しいシーズンを過ごしていた。そんな中でのモイーズ元監督の退任となり、同選手は次のように語っている。

「モイーズとは近い関係だったから難しい日々だった。退任は悲しかったが、サッカーの事だ。サッカーでは結果が一番重要だから、クラブは決断したんだ。新しい監督になって、みんな前を向いているよ。今シーズンはあと3試合残っている。最後まで踏ん張って戦いたい」

 フェライニは、ライアン・ギグス暫定監督が4-0で初戦を勝利で飾った、4月26日のプレミアリーグ第36節ノリッジ戦で、ベンチから外されていた。昨シーズン、エヴァートンではプレミアリーグで31試合に出場し、11ゴールを記録したが、今シーズンはリーグ戦15試合に出場するも、未だにゴールを挙げていない。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る