2014.04.28

先制点を決めたマンCのジェコ「再びタイトルレースに入った」

ジェコ
クリスタル・パレス戦で先制点を決めたジェコ(左) [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第36節が27日に行われ、クリスタル・パレスとマンチェスター・Cが対戦。マンチェスター・Cが2-0で完封勝利を収め、勝ち点を77に伸ばした。

 マンチェスター・Cは、勝ち点80の首位リヴァプール、同78のチェルシーを追走。上位2クラブより消化が1試合少なく、得失点差で上回っている状態で、残り3試合に臨むこととなる。

 試合後、マンチェスター・Cのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコが勝利を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 開始4分に先制点を挙げたジェコは、「プレーする時は、どの試合も難しく感じる。でも、それでも僕たちは良いプレーができたと思っている。彼ら(クリスタル・パレス)はゴールを決めるチャンスがなかったからね」と、コメント。「チームのプレーにはとても満足しているよ。僕たちは再び、タイトルレースに入った。残りの3試合に勝たなければならない。その後に、どうなるか見てみよう」と、今後を見据えた。

 今節で、首位リヴァプールが2位チェルシーに敗れたことについて、ジェコは、クリスタル・パレス戦の開始前に把握していたことを明かし、「試合のウォームアップを行っていた時、スコアボードを見たんだ。だから、試合前には結果がわかっていた。それがモチベーションになったね」と、話したうえで、「例え、リーグ優勝が得失点差で決まるとしても、僕たちはこのまま突き進んで、勝利を目指さなければならないんだ」と、抱負を語った。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る