FOLLOW US

ウェストハムのU-22豪代表FWトンビデス、精巣がんにより20歳で死去

1月に行われたU-22 AFC選手権に出場し、日本と対戦した際のトンビデス [写真]=Getty Images

 ウェストハムは18日、所属するU-20オーストラリア代表FWディラン・トンビデスが、同日精巣がんにより死去したと発表した。20歳だった。

 トンビデスは2011年夏にがんと診断され、その後驚異的な回復を見せ、2012年9月にはウィガンとのリーグカップ戦でトップチームデビュー。今年1月にはAFC U-22選手権のオーストラリア代表に招集され、U-21日本代表戦にも出場していた。

 クラブは哀悼の意を示すとともに、19日に行われるクリスタル・パレス戦での黙とうの実施を発表。サム・アラダイス監督は、「ディランは今まで出会った中でも最も勇敢な人間の1人で、困難で恐ろしい病気と闘った若者だった。フットボールは彼の生きがいで、治療のため、コンディションが良くないにも関わらず、トレーニングにも参加していた。彼はこの恐ろしい病気に力強く立ち向かった。我々の思いは今、彼の家族とともにある」とコメントをクラブ公式HPに寄せている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA