FOLLOW US

不振のマンU、来シーズンに向けて補強の動きは…移籍の噂まとめ

これまでに獲得の噂が報じられたクロース、ロイス、ショー、ハムシク(左上から時計回り) [写真]=Getty Images

 今シーズン、リーグ戦残り5試合の段階でマンチェスター・ユナイテッドは7位。1992-93シーズンのプレミアリーグ発足以来、13度の優勝に加え、2位が5度、3位が3度と輝かしい実績を誇るマンチェスター・Uだが、ディヴィッド・モイーズ体制初年度だったことを差し引いても予想外の結果となった。

 マンチェスター・Uのようなビッグクラブが低迷すると当然ながら、来夏の移籍市場に向けて様々な移籍話が浮上してくる。バイエルンのトニ・クロースやドルトムントのマルコ・ロイスといった有名選手から、スポルティングのウィリアム・カルバーリョといった若手有望株など、既に多くの補強リストが紙面をにぎわせている。今回は移籍話の真偽はともかくとして、現段階で名前の上がっているマンチェスター・Uの獲得候補をまとめてみた。

■FW
ジャクソン・マルティネス(ポルト/コロンビア代表)
今シーズンのリーグ成績:26試合・18得点
所属クラブとの契約:2016年6月
今シーズン、ポルトガルリーグで得点ランクトップの18ゴールを挙げるなど、大ブレイク。来シーズンのビッグクラブ行きが噂されている。今シーズン、ファン・ペルシーのけがに泣いた首脳陣は契約解除金に設定されている約58億の移籍金を払って獲得するのではないかと報じられている。

フアン・イトゥルベ(ヴェローナ/アルゼンチン)
今シーズンのリーグ成績:29試合・6得点
所属クラブとの契約:2014年6月
メッシとも比較される20歳のアルゼンチン人ウイング。今シーズン、ポルトからレンタルで加入したヴェローナで才能を開花させた。クラブは既にスカウトを派遣しており、獲得に関心を示している。

■MF
トニ・クロース(バイエルン/ドイツ代表)
今シーズンのリーグ成績:27試合・2ゴール
所属クラブとの契約:2015年6月
クラブとの契約延長に応じていないことから、移籍話が浮上。モイーズ監督が何度も現地視察しており、週給26万ポンド(約4400万円)という破格の条件を提示するとの報道も。本人もプレミア行きに関心を示しているようだが、クロースの代理人は「具体的なオファーはない」とコメントしている。

フアン・クアドラード(フィオレンティーナ/コロンビア代表)
今シーズンのリーグ成績:27試合・7ゴール
所属クラブとの契約:2017年6月
セリエA屈指のサイドアタッカーのクアドラードには数多くのビッグクラブが興味を示している。余剰人員となっている「ナーニ+金銭」で獲得を画策しているとの報道も。

マルコ・ロイス(ドルトムント/ドイツ代表)
今シーズンのリーグ成績:26試合・14ゴール
所属クラブとの契約:2017年6月
スピードを生かした突破と得点力を備えたドルトムントの主軸。マンチェスター・Uのロイスへの関心は以前から複数メディアで報じられており、香川とのトレード話も浮上している。ただし、バイエルンからのオファーを断ってドルトムントに加入した経緯があるため、獲得は困難とも。

アレックス・ソング(バルセロナ/カメルーン代表)
今シーズンのリーグ成績:16試合・0ゴール
所属クラブとの契約:2017年6月
バルセロナではブスケの控えの立場は変わらないため、プレミアリーグへの復帰が噂されている。モイーズ監督はボランチのメンバーの刷新を検討していると報じられており、プレミアでの実績のあるソングを獲得のトップリストに入れていると報じられた。バルサはアーセナルから獲得した移籍金約26億円を回収できれば放出に応じる可能性はある。

ウィリアム・カルバーリョ(スポルティング/ポルトガル代表)
今シーズンのリーグ成績:26試合・4ゴール
所属クラブとの契約:2018年6月
強靭なフィジカルと展開力を兼備した22歳の守備的MF。将来性を評価したビッグクラブが本格的にブレイクする前に囲い込みに動いており、争奪戦が勃発している。4月に入ってマンチェスター・Uが、約60億円で基本合意したと報じられた。

マレク・ハムシク(ナポリ/スロバキア代表)
今シーズンのリーグ成績:24試合・6ゴール
所属クラブとの契約:2018年6月
ナポリの“王様”もベニテス監督の下では絶対的な存在ではなくなっており、国内外のビッグクラブが獲得のチャンスを窺っている。イタリアメディアは、「香川真司+約26億円」、もしくは約53億円でオファーの準備を進めていると報じている。

アダム・ララーナ(サウサンプトン/イングランド代表)
今シーズンのリーグ成績:34試合・9得点
所属クラブとの契約:2018年6月
今シーズン、サウサンプトンで大ブレイクを果たし、PFA(プロフットボール選手協会)年間最優秀選手賞候補にもノミネートされた。今夏の移籍市場の目玉商品として注目されおり、国内のビッグクラブが関心を示している。

ポール・ポグバ(ユヴェントス/フランス代表)
今シーズンのリーグ成績:31試合・6得点
所属クラブとの契約:2016年6月
21歳ながらユヴェントスのキーマンとして存在感を放つフランス代表の新鋭。マンチェスター・U時代はファーガソン監督の信頼を得られず退団したが、モイーズ監督は呼び戻したいと考えている模様。ただし、シーズン後にユーヴェと長期契約を締結することが確実視されており、獲得するには莫大な移籍金が必要となる。

■DF
ルーク・ショー(サウサンプトン/イングランド代表)
今シーズンのリーグ成績:31試合・0得点
所属クラブとの契約:2018年6月
18歳の若さでサウサンプトンの主力として活躍する左サイドバックで今夏のビッグクラブ入りが確実視されている。エブラはこの夏に契約が満了するため、後継者として獲得に動いている。既に水面下で交渉が行われており、基本合意したとの報道も。

レイトン・ベインズ(エヴァートン/イングランド代表)
今シーズンのリーグ成績:28試合・4得点
所属クラブとの契約:2019年6月
エヴァートンで安定したプレーを続ける実力派左サイドバック。今シーズンはけがもあり昨シーズンほどのインパクトはないが、モイーズ監督は教え子の獲得を諦めてはいない模様。

エリアカン・マンガラ(ポルト/フランス代表)
今シーズンのリーグ成績:20試合・2得点
所属クラブとの契約:2016年6月
2011年からプレーするポルトで頭角を現し、昨年6月にフランス代表デビューを果たした22歳のセンターバック。チャンピオンズリーグでのプレーを評価して退団するヴィディッチの後釜としてリストアップしたと報じられている。

デヤン・ロヴレン(サウサンプトン/クロアチア代表)
今シーズンのリーグ成績:27試合・2得点
所属クラブとの契約:2017年6月
今シーズン、リヨンから加入すると瞬く間にプレミアリーグに適応。移籍市場の注目銘柄としてビッグクラブが関心を示している。リーグでの実績や24歳という若さもあり、ヴィディッチの後継者として注目していると報じられた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA