2014.03.27

ピレス氏がアーセナルの問題点を明かす「ストライカーが必要」

ピレス
アーセナルやフランス代表で活躍したピレス氏 [写真]=Arsenal FC via Getty Images

 元フランス代表MFのロベール・ピレス氏が、日本代表FW宮市亮が所属するアーセナルの補強ポイントについて言及した。大手メディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 ピレス氏は、現役時代に活躍したアーセナルについて「4-4-2で戦うならば、ストライカーの獲得が重要になる。オリヴィエ・ジルーとコンビを組むストライカーの補強に力を注がなければいけない」と語り、前線が駒不足であるとの見解を示した。

 また、ピレス氏は「マンチェスター・Cとのリーグ戦を控えている。勝利できればタイトルを手にすることは可能だ。私はこのチームとアルセーヌ・ヴェンゲルを信頼している」とコメント。その一方で、「もしも敗れるならば、優勝争いからは脱落する」と語り、29日に行われるプレミアリーグ第32節のマンチェスター・C戦がアーセナルにとって大一番になると主張した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る