FOLLOW US

直接FKで先制ゴールのジェラード「スアレスが譲ってくれた」

リヴァプールで活躍するジェラード(左)とスアレス(右) [写真]=Liverpool FC via Getty Images

 リヴァプール所属のイングランド代表MFスティーヴン・ジェラードが、26日に行われたプレミアリーグ第29節のサンダーランド戦についてコメントした。大手メディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 2-1で勝利を収めたリヴァプールはリーグ戦7連勝を達成。首位チェルシーとの勝ち点差は1となっている。ジェラードは「サンダーランドは守備を固めてきたから難しい戦いだった」と試合を振り返った。

 直接FKで奪った先取点については「普段ならば僕は蹴らない。セットプレーではルイス・スアレスのキックが素晴らしいからね。今日の試合では彼が譲ってくれた。でも、誰がゴールを奪うかは関係ない」と主張。また、「僕たちはまだ、何も手にしていないんだ」と述べ、今後を見据えていた。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO