FOLLOW US

モウリーニョがアーセナル戦主審を擁護「誰も誤審を犯したくない」

ギブス(1番左)に退場を命じたアンドレ・マリナー主審 [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第31節が22日に行われ、チェルシーはFW宮市亮の所属するアーセナルと対戦し、6-0で大勝した。

 試合後、同試合で起きた不可解な誤審について、チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督が自身の見解を述べた。クラブの公式HPが伝えた。

 誤審が発生したのは同試合の15分、チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールのシュートをブロックしたアーセナルのイングランド代表MFアレックス・チェンバレンがハンドを犯す。同試合を裁いていたアンドレ・マリナー主審は同プレーにPKの判定を下すも、ハンドを犯したチェンバレンではなく、イングランド代表DFキーラン・ギブスに対してレッドカードを提示した。

 モウリーニョ監督は同判定について、「間違いなく相手が10人になれば楽になる。私はそれが11人の相手との対戦と同様だと語る偽善者ではないよ」と語った上で、「彼らは(ルーカス)ポドルスキを下げて、攻撃陣を1枚欠くことになった。我々が楽になり、リラックスしたことは明らかだ」と続け、ギブスの退場が試合を容易にしたとコメントした。

 一方で、「重要なことは、PKがPKであり、レッドカードがレッドカードであったことだ。それは主審にとっては良かったんじゃないか。なぜなら彼はミスを犯したくなかったはずだからだ」とマリナー主審を擁護。そして、「仮に映像スクリーンがあったとすれば、(ハンドを犯したのは)チェンバレンであって、ギブスでないことがわかる。誰もあのような誤審を犯したくはないだろう」と語っている。

1カ月お試し無料!
DAZNへのお申し込みはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA