FOLLOW US

チェルシーが6得点圧勝…アーセナルはヴェンゲル指揮1000試合目に悪夢

チェルシー戦で天を仰ぐアーセナルFWジルー [写真]=Arsenal FC via Getty Images

 プレミアリーグ第31節が22日に行われ、チェルシーとFW宮市亮の所属するアーセナルが対戦。ハムストリングを痛め、今シーズンの復帰は絶望となっている宮市は欠場した。

 首位を走るチェルシーがホームに3位アーセナルを迎えた一戦は、開始早々から動く。5分、アンドレ・シュールレがピッチ中央をドリブルで持ち上がると、ペナルティエリア内右のサミュエル・エトーへパス。エトーはアレックス・チェンバレンをかわしてから、ゴール左へ左足で決め、チェルシーが先制する。

 さらに2分後、今度はシュールレが先制点と同じ位置からシュートを決め、追加点を獲得する。15分には不可解なシーン。チェルシーのエデン・アザールのシュートが枠をとらえると、飛び出したGKのカバーに入ったチェンバレンがハンドを犯す。主審のアンドレ・マリナーはPKの判定を下すも、キーラン・ギブスに対してレッドカードを提示。抗議もむなしく退場となってしまう。PKはアザールが決め、チェルシーが3点目を獲得。

 前半終了間際の42分には、負傷したエトーと交代で入ったフェルナンド・トーレスの右クロスをオスカルが決めると、66分に相手のパスミスを敵陣で拾ったオスカルがミドルシュートでこの日2点目を獲得。72分にもDFライン裏へのロングボールに抜け出したモハメド・サラーがGKとの1対1を制して、チェルシーのゴールショーを締めくくった。チェルシーが6-0で圧勝している。

 前節はアストン・ヴィラに敗れたチェルシーだが、勝ち点を69として首位を維持。アーセナルは指揮官のアルセーヌ・ヴェンゲル監督1000試合目の指揮となる記念すべき試合だったが、大敗を喫して4位に転落している。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA