FOLLOW US

チェルシーFWエトーが疑惑に言及「50歳でもゴールを奪う」

チェルシーでプレーするエトー [写真]=Getty Images

 チェルシーに所属するカメルーン代表FWサミュエル・エトーが、自身の年齢に関する騒動について言及した。大手メディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 チェルシーを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が「彼は32歳だが、35歳かもしれない」と語った内容が、フランスメディア『カナル・プリュス』で報じられ、エトーには年齢についての疑惑が浮上している。

 26日に行われたガラタサライとのチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグ終了後、この騒動に関する質問を受けた同選手は「僕は50歳でもゴールを奪うことができるよ。説明することなんてない」と、冗談を交えてコメントしていた。

 また、ベンチスタートだったガラタサライ戦について、同選手は「先発出場したかったから残念だ。でも、僕は監督の選択を尊重する」と発言。騒動の発端となったモウリーニョ監督については「素晴らしい友情がある。彼の存在が大きかったからチェルシーに移籍したんだ」と述べていた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA