2014.02.13

スコールズが低迷マンUに言及「クレイジーなシーズン」

トップチームに言及したスコールズ氏 (C)ManUtd.jp

 元イングランド代表MFのポール・スコールズ氏が、今シーズン低迷するマンチェスター・Uに言及した。クラブの公式HPが伝えている。

 昨シーズンまで現役選手だったスコールズ氏は、「監督に選手の負傷までコントロールするのは不可能だよ」とコメント。今シーズンから指揮を執るデイヴィッド・モイーズ監督にとって、主力選手の相次ぐ負傷が低迷の一因となっていると語った。

「監督も対応を迫られたよ。チームは(ウェイン)ルーニーと(ロビン)ファン・ペルシーという世界でもベストなFWを同時に失った。どんなところでも、彼らのような選手がいなければ大変な状況になる」

「彼らがようやく復帰したら、今度は守備陣で4人が離脱する事態になった。あまりにも負傷者が多過ぎるクレイジーなシーズンだね。今後は、けが人が減ることを願うし、全員の状態が戻れば、チームも上がっていくよ」

 現役時代、マンチェスター・U一筋だったスコールズ氏は、「今より悪い時期もあった。3シーズンも優勝から遠ざかった時期もあったんだ」と振り返り、「この規模のクラブにとっては異常なこと。今と比較はできないけれど、負傷者が戻って、守備陣も万全になって、ルーニーとファン・ペルシーの調子が上がれば、問題ないよ」と今後の浮上に期待を寄せた。

 昨シーズン限りで引退したスコールズ氏は現在、マンチェスター・Uの下部組織で指導を行っている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る