2014.02.09

惨敗を喫したアーセナルのチェンバレン「立ち直る義務がある」

リヴァプール戦に言及したチェンバレン(左) [写真]=Arsenal FC via Getty Images

 プレミアリーグ第25節が8日に行われ、首位のアーセナルはリヴァプールと対戦し、アウェーで1-5の大敗を喫した。

 試合後、イングランド代表FWアレックス・オックスレイド・チェンバレンが試合を振り返った。クラブ公式HPが、同選手のコメントを伝えている。

 チェンバレンは、「チームは非常に落ち込んでいるよ。特に前半の出来にね」とコメント。しかし、「このようなことはサッカーでは起こりうることだ。アーセナルにはこの敗戦から立ち直る義務がある。そして来週の水曜日に立ち直る絶好の機会があるんだ」と敗戦を受け入れ、12日に行われるマンチェスター・Uとの一戦に向け、気持ちを切り替える必要性を説いた。

 また同選手は、「リヴァプールは素晴らしかった。僕たちは水準に達していなかったよ」と対戦相手を称賛。そして、「後半は改善しなければいけなかったし、できると信じていた。だからいくつかメンタル的にポジティブな面もあったね。水曜日に向けて気持ちを切り替えないといけない」と再度マンチェスター・U戦を見据えるコメントを残している。

 2位に順位を下げたアーセナルと、首位に浮上したチェルシーの勝ち点差は1となっている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る