2014.02.09

首位陥落アーセナルのヴェンゲル監督「タイトルは数字上まだ可能」

リヴァプール戦に言及したヴェンゲル監督 [写真]=Arsenal FC via Getty Images

 プレミアリーグ第25節が8日に行われ、首位のアーセナルは4位のリヴァプールと対戦。敵地で1-5の大敗を喫した。

 大量失点で敗れたアーセナルのアルセーヌ・ヴェンゲル監督が、試合後の記者会見に出席。クラブ公式HPが、同監督のコメントを伝えた。

 ヴェンゲル監督は、「重要なのは、この結果を受け入れることだ。特に、今日のひどいパフォーマンスをね。脆弱な守備は、安定性に欠け、非常に出来が悪かった。リヴァプールにおめでとうと言いたい。今日の彼らはより優れていた。我々のプレーはとてもみすぼらしかったよ。唯一90分を通して良かったのは、我々のファンだね」とコメント。そして、「全体的に不十分なパフォーマンスだった。今日はあまり多くを語らないほうが良いだろう。家に帰り、水曜日に向けて気持ちを切り替えねばならない」と語り、12日のマンチェスター・U戦に向け、準備する必要性を説いた。

 またヴェンゲル監督はタイトルについて問われると、「もちろん数字上、まだ可能だ」と答え、首位奪還に意気込んだ。

 2位に順位を下げたアーセナルと、首位に浮上したチェルシーの勝ち点差は1となっている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る