2014.02.05

アーセナルから2部へ移籍のフリンポン「ナンパできなくなる」と嘆き節

フリンポン
アーセナルからバーンズリーへと移籍したフリンポン [写真]=Getty Images
ロンドン在住のサッカーライター。

文=藤井重隆

 1月31日に終了となった今冬の移籍市場で、FW宮市亮の所属するアーセナルは、問題児のガーナ代表MFエマニュエル・フリンポンをイングランド2部のバーンズリーへ放出した。

 フリンポンは移籍に際し、自身のインスタグラムに「バーンズリーでプレーして、これからどうやってナンパすればいいんだ?」と不満を吐露。同コメントはすぐに削除されたが、移籍翌日のシェフィールド・ウェンズデー戦で先発デビューしたフリンポンは、開始30分で2回の警告で退場するという天罰を受けている。

 現在22歳のフリンポンは、アーセナルの下部組織出身で、2011-12シーズンからトップチームに在籍。昨シーズンはチャールトンとフルアムにレンタル移籍していた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る