2014.02.04

チェルシーに敗れたマンC指揮官、4選手の負傷欠場に言及

ペジェグリーニ
マンチェスター・Cのペジェグリーニ監督が負傷者の状況に言及した [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第24節が3日に行われ、マンチェスター・Cとチェルシーが対戦。1-0でチェルシーが勝利を収め、勝ち点を53に伸ばしてマンチェスター・Cと並んだ。敗れたマンチェスター・Cは、今節で勝利を収めたアーセナル(勝ち点55)に首位を譲り、2位に転落した。

 試合後、マンチェスター・Cのマヌエル・ペジェグリーニ監督が負傷者の状況に言及した。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 ペジェグリーニ監督は、「フェルナンジーニョは我々にとって重要な選手だ。彼だけではない。彼を含めて、(セルヒオ)アグエロ、(サミル)ナスリとハビ・ガルシアもだ。(ジェイムズ)ミルナーは100パーセント(の状態)ではなかったから、先発に起用できなかった。アルバロ・ネグレドも100パーセントではなかった。けが人の欠場は、チェルシーのようなチームにとって大きなアドバンテージとなる」と、コメント。4選手の負傷欠場について言及した。そして、「ジャック・ロドウェルはけがから復帰したばかりで、ミルナーは前日にチームに合流したばかりだった。だから、(マルティン)デミチェリスをそのポジション(中盤)で起用せざるを得なかったんだ」と、語った。

 そして、ブラジル代表MFフェルナンジーニョの負傷状況について、「筋肉系のけがを負っている。どれほど離脱するか(を把握するために)は、明日診断しなければならない。もしかしたら、3週間から4週間の離脱かもしれない」と、コメントした。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る