2014.01.30

モウリーニョ、ウェストハムに不満「19世紀のフットボール」

モウリーニョ
ウェストハムとドローに終わったチェルシーのモウリーニョ監督 [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第23節が29日に行われ、チェルシーとウェストハムが対戦。0-0の引き分けに終わった。

 チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督が試合を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 モウリーニョ監督は、試合を振り返って、「1つのチームだけがしっかりとプレーすることを望んでいる場合は、プレーすることが非常に難しいものだ。フットボールの試合は、2つのチームがプレーすることが重要だ。しかし、ウェストハムはポイントが必要だったために、彼らはこのようなやり方をとった。それは許容できることだろうか?おそらく、イエスだ」と、コメント。

 守備重視の試合を展開したウェストハムについて、「私は過剰に批判したくはない。なぜなら、もし私が彼らの位置にいたなら、同じことをやるかどうかはわからないからだ。とはいえ、あれは世界最高のリーグであるプレミアリーグのフットボールではない。19世紀のフットボールだ。特に後半は、ウェストハムのGKがセーブを数多くすることになった。とはいえ、グローブをつけていない他の選手たちもたくさんセーブした。彼らには、DFというよりもGKに見えるDFが5人いた」と、語った。

 そして、「彼らはボールに対して身体を投げ出した。私は彼らのスピリットや努力には敬意を示している。ただ、私のチームは全てをやろうとトライした。我々はプレーをしたし、チャンスを作った。不満を言うことはできない」と、コメントした。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る