FOLLOW US

逆転勝利のマンC指揮官「前半はまるでジョギングのよう」

 FAカップ4回戦が25日に行われ、マンチェスター・Cとチャンピオンシップ(2部相当)のワトフォードが対戦。ホームのマンチェスター・Cが0-2で迎えた後半に4得点を挙げ、4-2で逆転勝利を収めた。

 試合後、マンチェスター・Cのマヌエル・ペジェグリーニ監督が勝利を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 ペジェグリーニ監督は、2点ビハインドで前半を終える試合展開を振り返って、「ハーフタイムになった時はとても心配したよ。選手たちには試合前に話をして、『FAカップでは、下位リーグのチームは高いモチベーションで挑んでくるから気をつけるように』と念を押したんだ」と、コメント。「100パーセントの実力と集中力を出さなければ、試合に負けて大会から敗退する。前半は、まるでジョギングをしているかのようなプレーだった。そのようなプレーをしていては、試合には絶対勝てない」と、話した。

 そして、4得点を奪った後半について、「チームは全てを変えて挑んだ。ペースとテンポもね。我々は、エティハド(マンチェスター・Cの本拠地)でプレーしてきたスタイルを続けることができた。このリアクションはとても重要だった」と、振り返った。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA