FOLLOW US

ウォルコットの手術が成功…ヴェンゲル監督「時間が必要だ」

左ひざに重傷を負ったウォルコット [写真]=Getty Images

 日本代表FW宮市亮が所属するアーセナルのアルセーヌ・ヴェンゲル監督が、左ひざを負傷したイングランド代表FWセオ・ウォルコットの状況について説明した。クラブ公式HPが伝えている。

 ウォルコットは4日に行われたトッテナムとのFAカップ3回戦で負傷。左ひざ前十字じん帯の断裂で全治6カ月と診断されていた。ヴェンゲル監督は、ウォルコットの手術が成功したことを明かし、以下のようにコメントしている。

「(手術は)上手くいった。彼には時間が必要だ。ワールドカップに出場するという期待は持たないようにしよう。不可能なんだ。だが、長期的な視点に立てば、彼の未来は明るい」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO