FOLLOW US

クラブ史に名を刻めるか? ライスがEL制覇へ意気込む「伝説となり、常にその名声が保たれる」

2022.05.05

EL制覇へ意気込みを示したライス [写真]=Getty Images

 ウェストハムのイングランド代表MFデクラン・ライスが5日に行われるヨーロッパリーグ(EL)・準決勝セカンドレグ フランクフルト戦へ意気込みを示した。4日、クラブ公式サイトが伝えている。

 今大会ではグループHを首位通過すると、決勝トーナメントでセビージャとリヨンを撃破したウェストハム。準決勝へ進出したウェストハムは28日に行われたファーストレグで“ロンドン・スタジアム”にフランクフルトを迎えたものの、開始早々の失点が響き、1-2で折り返している。

 まずライスは「チームの士気は下がっていない。本当にポジティブで自信に溢れている。1点差で負けているのは明らかだけど、僕たちはポジティブだ」とチームの雰囲気に言及。また「セカンドレグでは僕たちの100パーセントのベストが見られると思う。これまでの決勝トーナメント2試合ともファーストレグでは勝てていないんだ。なぜ、セカンドレグで良いプレーができているのかはわからないけど、ファーストレグでは常に相手の出方をうかがって、見極めている」と180分間の戦いであることを強調した。

 1895年に創設されたウェストハムは、FAカップやUEFAカップウィナーズ(1999年にELに統合される形で終了)などを制覇したものの、1979-80シーズンのFAカップ戴冠を最後に主要大会のタイトルから遠ざかっている“ハマーズ”。42年ぶりのタイトルに手が届くところまできたライスは「セビージャ(決勝の開催地)に行きたいんだ。ヨーロッパの決勝まであと90分だとわかっているから、絶対に全力を尽くすよ」と意気込む。さらに「誰も僕らがここに来るとは思っていなかったから、なおさら特別なんだ。もし、ウェストハムのようなクラブで決勝まで勝ち進むことができれば、永遠に記憶され、クラブで伝説となり、常にその名声が保たれる」とクラブの歴史に名を刻みたいと口にしている。

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

SOCCERKING VIDEO