FOLLOW US

“ナポリの王様”マラドーナ氏に捧げる勝利に指揮官が想い語る「いつか彼にトロフィーを…」

リエカ戦後、マラドーナ氏に言及したガットゥーゾ監督 [写真]=Getty Images

 ナポリを率いるジェンナーロ・ガットゥーゾ監督は、26日のリエカ戦の勝利後、前日に逝去したディエゴ・マラドーナ氏に言及した。26日、クラブが公式サイトを通じて伝えている。

 25日、1つのニュースが世界に衝撃を走らせた。サッカー界のレジェンドである元アルゼンチン代表FWディエゴ・マラドーナ氏が、享年60歳で逝去したという報道だ。マラドーナ氏がかつてプレーし、セリエAのタイトルを2度ももたらしたナポリのファンも深い悲しみに包まれることとなった。そのナポリは26日、ヨーロッパリーグ・グループステージ第4節でリエカと対戦し、試合前には全選手がマラドーナの背番号「10」を着用して、彼の死を悼んだ。

 クラブのレジェンドへの思いを背負い戦ったナポリは、リエカに2-0に完封勝利を収めることに成功。試合後、クラブを率いるガットゥーゾ氏はこの勝利を喜ぶとともに、マラドーナ氏への強い想いを語った。

「ディエゴは死んでいない。彼が死ぬことは絶対にないからね」

「(ナポリの)街には、昨晩からとても悲しい雰囲気に包まれている。ディエゴは街の象徴かつ王様で、おそらくナポリではサン・ジェンナーロよりもはるかに重要な人物だろう」

「我々はマラドーナのことをこれからもずっと話し続けるだろう。ここは彼の街で、いつか彼にトロフィーを捧げたいと心から願っているよ」

チャンピオンズリーグ 決勝トーナメント全29試合をWOWOWで独占生中継・ライブ配信!
無料トライアルも実施中!
>>詳しくはこちら

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO