FOLLOW US

ELでは右足で得点も…アルテタ監督がペペに助言「もっと効率的に」

ELでは得点で起用に応えたペペ [写真]=Getty Images

 アーセナルを率いるミケル・アルテタ監督が、同クラブ所属のコートジボワール代表FWニコラ・ペペについて語った。イギリスメディア『スカイスポーツ』が30日に同監督のコメントを伝えている。

 ペペは2019年夏にクラブ史上最高額となる7200万ポンド(約97億円)の移籍金でアーセナルへ加入した。昨シーズンは公式戦通算で42試合に出場し8ゴール10アシストを記録したものの、周囲を納得させるパフォーマンスを見せられたとは言い難い。今シーズン、ここまでプレミアリーグでのスタメン出場はわずか1試合にとどまっている。それでも、29日に行われたヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第2節のダンドーク戦では得意の左足ではなく右足でシュートを沈めており、先発起用にゴールという結果で応えていた。

 アルテタ監督はペペについて以下のようにコメント。同選手は決定的な場面をつくり出すことができる反面、まだまだ判断などの部分に改善の余地があると説明している。

「現状、彼はチームの中でファーストチョイスではない。けれども、多くの重要な場面でプレーしてきた。鋭い洞察力でゲームの流れを読み、ピッチ上の様々な状況で正しい判断を下さなければならない。彼はリスクを取る選手で、非常にクリエイティブな選手だ。しかし、時にはシンプルなプレーも求められる。局面ごとのプレーの質を高めるために、正しい判断をしなければならない場合もあるんだ」

「ボールを運んだり、チームにとって何が優位になるのかを見極めることが重要だ。フィニッシュだったり、ペナルティエリア内でのポジショニングだったり、彼はもっと安定感のあるプレーをしなければならない。チームとしても多くの取り組みをしているが、彼がもっと効率的にプレーできるようになることを願っている」

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA