FOLLOW US

日本人対決は森岡所属のシャルルロワが制す…リオ・アヴェはミランと対戦へ/EL予選3回戦

食野所属のリオ・アヴェはベシクタシュを撃破 [写真]=Getty Images

 ヨーロッパリーグ(EL)予選3回戦が24日に各地で行われた。

 MF森岡亮太所属が所属するシャルルロワとFW浅野拓磨が所属するパルチザンの1戦は、両選手ともに先発出場。延長戦まで突入する熱戦となったが、108分にカーヴェ・レザーイーがFKを叩き込んでシャルルロワが勝利。なお森岡はフル出場し、浅野は111分までプレーした。

 FW食野亮太郎が所属するリオ・アヴェはベシクタシュと対戦。開始早々に先制を許す展開となったが、85分に同点に持ち込むと、延長戦を経て突入したPK戦を2-4で制した。食野は79分から途中出場した。

 MF橋本拳人が所属するロストフはマッカビ・ハイファと対戦した。前半に先制点を奪ったが、後半に逆転を許して1-2で敗れて敗退が決まった。橋本は64分から途中出場した。

 トッテナムはシュケンディヤと対戦。開始早々にエリク・ラメラが先制点を記録すると、一旦同点とされたがソン・フンミンが勝ち越し弾を記録。1-3で勝利を収めている。

 ミランはボデ・グリムトと対戦。先制される苦しい展開も、ハカン・チャルハノールの2得点と18歳のロレンツォ・コロンボの得点で3-2の勝利を収めている。

 次は10月1日にプレーオフが行われる予定で、リオ・アヴェはミランとシャルルロワはレフ・ポナズンとそれぞれ対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA