FOLLOW US

インテル、ELベスト4進出!…ルカク弾など2発でレヴァークーゼン撃破

インテルがレヴァークーゼンを撃破 [写真]=Pool via Getty Images

 ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝が10日に行われ、インテルレヴァークーゼンが対戦した。

 2019-20シーズンのセリエAで2位に終わったインテルと、ブンデスリーガで5位のレヴァークーゼンがドイツのデュッセルドルフで激突。2019-20シーズンのELは準々決勝から全試合がドイツの4都市で集中開催され、各ラウンドは一発勝負のシングルレグで争われる。

 試合はインテルが先手を取った。15分、ロメル・ルカクがペナルティエリア中央でフィジカルを生かし、ボールを収めてシュート。これはDFに阻まれたが、こぼれ球をエリア前のニコロ・バレッラが右足でゴール左隅に沈めて先制点を挙げた。さらに21分、ルカクが再びエリア中央で体を張ってボールを収めると、今度は倒れ込みながら左足で流し込んで追加点を挙げた。

 一方のレヴァークーゼンは25分、エリア前右のカイ・ハフェルツが相手2人をかわし、さらにケヴィン・フォラントとのワンツーでエリア右に抜けると、フリーで右足シュートを叩き込んで1点を返す。直後の26分、デイリー・シンクフラーフェンのハンドでインテルにPKを献上。しかしVARの結果、肩との判定でノーファールとなり、レヴァークーゼンは難を逃れた。

 後半に入ってインテルは49分、アシュリー・ヤングの折り返しから、ロベルト・ガリャルディーニがエリア中央でシュートを放ったが、GKの前にいたルカクに直撃。66分にはアレクシス・サンチェスがエリア左から決定的なシュートを打ったが、これはGKルーカス・フラデツキーの好セーブに阻まれた。

 レヴァークーゼンは79分、レオン・ベイリーが左サイドからアーリークロスを送ると、ゴール前にハフェルツとフォラントが飛び込んだが、惜しくも2人には合わない。90分、カリム・ベララビがエリア内でクリスティアン・エリクセンを倒してインテルにPKが与えら得れる。しかしVARにより、直前にバレッラのハンドが認められてPKは取り消しとなった。

 試合はこのまま終了。インテルレヴァークーゼンを破り、ELベスト4進出を決めた。勝ち抜いたインテルは16日の準決勝で、シャフタール対バーゼルの勝者と対戦する。

【スコア】
インテル 2-1 レヴァークーゼン

【得点者】
1-0 15分 ニコロ・バレッラインテル
2-0 21分 ロメル・ルカクインテル
2-1 25分 カイ・ハフェルツレヴァークーゼン

ヨーロッパリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA