FOLLOW US

相手のオーバーリアクションに反発? アヤックスFWバベルの“奇行”が話題に

試合中に交錯した場面が話題を呼ぶバベルとニョム [写真]=Getty Images

 20日に行われたヨーロッパリーグ・決勝トーナメント1回戦ヘタフェ対アヤックス戦(2-0)における、アヤックスのオランダ代表FWライアン・バベルの行動が話題となっている。20日、イギリスメディア『BTスポーツ』が伝えた。

 話題となっているのは同試合の54分、バベルがヘタフェのDFアラン・ニョムとボールを奪い合って交錯したシーンだ。ヘタフェのアドバンテージが取られていたが、ニョムが足を押さえながら地面にうずくまるのを見た主審は試合を中断し、バベルにイエローカードを提示した。すると、バベルはカードを見た瞬間に自ら倒れ込み、芝生の上で2回転。さらに、立ち上がったニョムに近付くと、足を気にして歩く同選手の真似をしながら抗議した。

ライアン・バベルとアランニョム

ニョムのリアクションに抗議するバベル [写真]=Getty Images

 バベルは試合後のインタビューで行動について、「その瞬間に熱くなったがゆえの行動だよ。あいつ(ニョム)はマジで迷惑な野郎だ。ヘタフェのアクションには感心しなかったね。来週のホーム(でのセカンドレグ)では、今日とは違う審判の下で、僕たちはマシなプレーをするはずさ」と説明。ニョムはオーバーリアクションだったと主張した。

ヨーロッパリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA