FOLLOW US

ミラン、FFP違反で来季のEL出場辞退を発表…ローマとトリノが繰り上がり

ミランのEL辞退が決まった [写真]=LightRocket via Getty Images

 ミランは28日、2019-20シーズンのヨーロッパリーグ(EL)出場を辞退することを発表した。

 ミランはファイナンシャル・フェアプレー(FFP)違反により、UEFA(欧州サッカー連盟)から訴訟を受けていたが、欧州カップ戦における1年間の出場禁止処分を「自発的に受け入れ」たことで、2019-20シーズンのEL不参加が決まった。スポーツ仲裁裁判所(CAS)はミランとUEFAの間で合意が成立したことを発表している。

 クラブは公式サイトを通じ、「我々のファンが来シーズンの欧州の大会で応援するチームを見られない事実は悲しいことだが、クラブはFFPを認識し尊重しています。また全面順守を目指すうえで、制裁を受け入れる以外の選択はないと認識しています」との声明を発表した。

 ミランは昨年もFFP違反によりUEFAからEL出場禁止処分を受けていたが、CASに提訴して処分取り消しを勝ち取り、18-19シーズンはELに出場。3勝1分2敗でグループステージ敗退となっていた。

 なお、18-19シーズンのセリエAで5位だったミランの辞退により、代わりに6位のローマが本戦のグループステージから、7位のトリノがEL予選から参戦することとなった。

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA