2019.03.13

UEFAがラカゼットの処分軽減…ELセカンドレグ・レンヌ戦が出場可能に

アレクサンドル・ラカゼット
ラカゼットはレンヌとの第2戦に出場可能となった [写真]=Arsenal FC via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アーセナルは12日、フランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットのヨーロッパリーグ(EL)での出場停止処分が軽減されたことを発表した。この処分軽減によって、ラカゼットは14日に行われるEL決勝トーナメント2回戦(ラウンド16)セカンドレグ・レンヌ戦に出場可能となった。

 ラカゼットは2月14日に行われたラウンド32ファーストレグ・BATEボリソフ戦での試合終盤、相手DFに肘打ちを食らわせて一発退場を命じられた。その後の処分ではラウンド32セカンドレグとラウンド16の2試合の計3試合で出場停止となっていた。しかし、今回の処分軽減で出場停止が2試合に減らされたため、次戦から出場することが可能となった。

 アーセナルはラウンド16ファーストレグで3-1と敵地で敗れており、逆転でのベスト8進出がかかるセカンドレグは14日午後8時(日本時間15日午前5時)にキックオフを迎える。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
10pt
トッテナム
8pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
10pt
ドルトムント
9pt
フライブルク
9pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
10pt
アトレティコ・マドリード
9pt
レアル・マドリード
8pt
欧州順位をもっと見る
インテル
9pt
ボローニャ
7pt
ユヴェントス
7pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング