2019.02.15

アーセナルがまさかの敗戦…長友、長谷部はフル出場/ELラウンド32第1戦

EL ラウンド32
ELラウンド32第1戦が各地で行われた [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦(ラウンド32)ファーストレグが14日に各地で行われた。



 アーセナル(イングランド)はBATEボリソフ(ベラルーシ)とアウェイで対戦。圧倒的にボールを支配したもののなかなかゴールを奪えず、フランス人FWアレクサンドル・ラカゼットが退場するといったアクシデントもあり、結局0-1で敗れた。一方、プレミアリーグでの大敗から4日が経ったチェルシー(イングランド)はマルメ(スウェーデン)と対戦し、終盤に1点を取られたものの、1-2と危なげなく勝利を収めている。

 MF南野拓実が所属するザルツブルク(オーストリア)はアウェイでクラブ・ブルージュ(ベルギー)と対戦。ザルツブルクは17分に先制に成功するが、64分、81分とクラブ・ブルージュに立て続けにゴールを許してしまう。南野は85分にピッチに投入されたものの反撃はならず、1-2と逆転負けを喫した。
 
 フランクフルト(ドイツ)のMF長谷部誠は先発フル出場。チームは、チャンピオンズリーグ(CL)のグループ3位でELに回ったシャフタール・ドネツク(ウクライナ)を相手に、アウェイで貴重な2ゴールを奪って2-2のドロー決着となった。

 DF長友佑都が所属するガラタサライ(トルコ)はベンフィカ(ポルトガル)をホームに迎えた。長友は先発フル出場を果たし同点弾をアシストしたが、チームは1-2で敗れている。また、2日に柏レイソルからヘンク(ベルギー)への移籍が発表されたMF伊東純也はベンチ外となっており、チームはスラヴィア・プラハ(チェコ)と0-0で引き分けている。

 セカンドレグは21日に開催される。

■ELラウンド32ファーストレグの結果
※左側のチームがホーム
ヴィクトリア・プルゼニ(チェコ) 2-1 ディナモ・ザグレブ(クロアチア)
クラブ・ブルージュ(ベルギー) 2-1 ザルツブルク(オーストリア)
ラピード・ウィーン(オーストリア) 0-1 インテル(イタリア)
スラヴィア・プラハ(チェコ) 0-0 ヘンク(ベルギー)

クラスノダール(ロシア) 0-0 レヴァークーゼン(ドイツ)
チューリッヒ(スイス) 1-3 ナポリ(イタリア)
マルメ(スウェーデン) 1-2 チェルシー(イングランド)
シャフタール(ウクライナ) 2-2 フランクフルト(ドイツ)

セルティック(スコットランド) 0-2 バレンシア(スペイン)
レンヌ(フランス) 3-3 ベティス(スペイン)
オリンピアコス(ギリシャ) 2-2 ディナモ・キエフ(ウクライナ)
ラツィオ(イタリア) 0-1 セビージャ(スペイン)

フェネルバフチェ(トルコ) 1-0 ゼニト(ロシア)
スポルティング(ポルトガル) 0-1 ビジャレアル(スペイン)
BATEボリソフ(ベラルーシ) 1-0 アーセナル(イングランド)
ガラタサライ(トルコ) 1-2 ベンフィカ(ポルトガル)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る