2018.04.13

まさかの大逆転負け…落胆するラツィオ指揮官「18分で4失点は…」

インザーギ監督
まさかの大逆転負けに肩を落とすインザーギ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝セマンドレグが12日に行われ、ラツィオはアウェーでオーストリアのザルツブルクと対戦し、1-4と敗れ、2戦合計5-6で敗退となった。



 試合後の公式会見に臨んだシモーネ・インザーギ監督のコメントをイタリアメディア『トゥットメルカート』が伝えている。

 ファーストレグを4-2で終え、この試合でも先制に成功し、俄然、有利な状況で戦ったセカンドレグだが「ELで準決勝進出を望むチームが、先制点の30秒後に同点弾を許し、4分間に3失点を喫してはならない。18分で4失点はあってはならない。当然、悔しさはあるが、切り替えることが必要だ」とまさかの大逆転負けにインザーギ監督は肩を落とした。

「素晴らしい道のりだったが、良い終わりを迎えることはできなかった。これからは、エネルギーを取り戻さなければならない。日曜日にはとても重要なローマとのダービーが控えているからだ」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る