2018.04.06

南野拓実が出場直後に同点弾も…ザルツブルク、4失点でラツィオに敗れる

南野拓実
交代出場直後にゴールを決めた南野拓実 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝ファーストレグが5日に行われ、ラツィオ(イタリア)とMF南野拓実のザルツブルク(オーストリア)が対戦。南野はベンチスタートだった。

 均衡を破ったのはホームのラツィオだった。開始8分、敵陣右サイドからドゥサン・バスタが中央へ折り返すと、ファーサイドに詰めていたセナド・ルリッチがダイレクトで合わせてゴールネットを揺らした。

ルリッチ

ルリッチ(左)のゴールでラツィオが先制 [写真]=Getty Images

 早々にビハインドを負ったザルツブルクは27分、右サイドからのクロスに反応してバスタと競り合ったムナス・ダブールが倒される。主審は一時、プレーを流していたものの、最終的にはPKの判定に。ヴァロン・ベリシャがゴール右隅へ決め、同点に追い付いた。30分の得点で、1-1でハーフタイムを迎えた。

ベリシャ

ベリシャのPKでザルツブルクが同点に追い付いた [写真]=Getty Images

 後半立ち上がり、再び先手を取ったのはラツィオだった。49分、細かいパスワークでペナルティーエリア右奥まで進出すると、ゴール前への折り返しにマルコ・パローロが反応。巧みに右足で合わせて勝ち越しに成功した。

 再びビハインドを負ったザルツブルクは70分、南野を投入。すると直後の71分、背番号「18」が期待に応えてみせる。ペナルティーエリア右手前でポストプレーに入り、後方に流れたこぼれ球をダブールが拾う。ドリブルが右前方へ流れたところに反応し、ラストパスを受けたような形で相手GKと1対1に。右足シュートを冷静に決め、スコアは2-2となった。

 しかし終盤、底力を見せたのはラツィオだった。74分、スルーパスに抜け出したフェリペ・アンデルソンが相手GKとの1対1を制して3点目を決めると、2分後には敵陣でのボール奪取からカウンターを敢行。ルーカス・レイヴァのラストパスをペナルティーエリア左側で受けたチーロ・インモービレが右足シュートで相手GKの股下を抜き、4点目を記録した。

インモービレ

インモービレが4点目を決めた [写真]=Getty Images

 試合は2-4で終了。ザルツブルクは2度に渡って同点に追い付く粘りを見せたものの、4失点を喫して敵地で敗れた。セカンドレグは12日、ザルツブルクのホームで行われる。

【スコア】
ラツィオ 4-2 ザルツブルク

【得点者】
1-0 8分 セナド・ルリッチ(ラツィオ)
1-1 30分 ヴァロン・ベリシャ(PK)(ザルツブルク)
2-1 49分 マルコ・パローロ(ラツィオ)
2-2 71分 南野拓実(ザルツブルク)
3-2 74分 フェリペ・アンデルソン(ラツィオ)
4-2 76分 チーロ・インモービレ(ラツィオ)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る