2018.04.06

酒井宏樹がELで実戦復帰、フル出場…マルセイユは敵地で完封負け

酒井宏樹
酒井宏樹が実戦復帰を果たし、フル出場 [写真]=MB Media/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝ファーストレグが5日に行われ、ライプツィヒ(ドイツ)と日本代表DF酒井宏樹マルセイユ(フランス)が対戦。負傷の影響で戦列を離れていた酒井は実戦復帰を果たし、先発メンバーに名を連ねた。

 マルセイユは開始8分、右サイドの酒井がセカンドボールを拾ってディミトリ・パイェに預けると、ゴール前へピンポイントのクロス。コンスタンティノス・ミトログルが飛び込んでダイレクトで合わせたものの、相手GKに阻まれた。

パイェ

チャンスを演出したパイェ [写真]=MB Media/Getty Images

 さらにマルセイユは42分、敵陣左サイド深くまで進出。クロスボールからゴール前で混戦となり、こぼれ球に反応したブナ・サールがボレーを放ったものの、クロスバーに阻まれた。

 すると、均衡を破ったのはホームのライプツィヒだった。前半アディショナルタイム、自陣ペナルティーエリア内でのシュートブロックからカウンターを敢行。敵陣右サイド深くのスペースでパスを受けたティモ・ヴェルナーがペナルティーエリア内に入り、鋭い切り返しから左足シュートを決めた。

ヴェルナー(左から2人目)のゴールでライプツィヒが先制 [写真]=MB Media/Getty Images

 前半は1-0で終了し、ライプツィヒが1点リードで後半を迎えた。ビハインドのマルセイユは前半同様に攻勢をかけるものの、56分に右CKから決定機を迎えたルーカス・オカンポスの右足シュートも枠の右へ逸れ、同点に追い付くことができない。

 終盤はライプツィヒが巻き返し、76分にはヴェルナーがカウンターから最終ラインの背後を取る。ペナルティーエリア右側まで入って右足で狙ったが、懸命にカバーへ戻ったルイス・グスタヴォがスライディングでブロック。マルセイユは何とか追加点を阻止した。

 試合は0-1で終了。マルセイユはアウェイゴールを奪うことができず、完封負けを喫した。酒井はフル出場を果たしている。セカンドレグは12日、マルセイユのホームで行われる。

敵地で敗れたマルセイユ、ホームでの逆転突破を期す [写真]=MB Media/Getty Images

【スコア】
ライプツィヒ 1-0 マルセイユ

【得点者】
1-0 45+1分 ティモ・ヴェルナー(ライプツィヒ)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
6pt
アーセナル
6pt
マンチェスター・C
4pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
ライプツィヒ
3pt
フライブルク
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
セビージャ
3pt
マジョルカ
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング