2017.05.25

マンU、モウリーニョ1年目は2冠&CL出場権獲得…欧州5クラブ目の快挙も

マンチェスター・U
今シーズンはEL(上)とEFL杯のカップ戦2冠を達成した [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uが24日、初のヨーロッパリーグ(EL)王者に輝いた。

 マンチェスター・Uはスウェーデンの首都ストックホルムで行われた決勝でアヤックスと対戦。18分にフランス代表MFポール・ポグバ、48分にアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンがゴールを決めて2-0の快勝でEL初優勝を飾った。

 これによりUEFA(欧州サッカー連盟)主催の主要3大会を制覇した。『UEFA.com』によると、マンチェスター・Uは1967-68シーズンに、ヨーロピアン・チャンピオン・クラブズ・カップを制してクラブ史上初の欧州カップ戦タイトルを獲得。後に大会はチャンピオンズリーグ(CL)へと変わり、アレックス・ファーガソン元監督のもと、1998-99と2007-08シーズンにも優勝している。

 さらに1960年から1999年にかけて開催されたカップウィナーズカップでは、1990-91シーズンにバルセロナを倒して初優勝を果たした。そして今シーズン、これまで唯一手にしていなかったEL(前身のUEFAカップも含む)を制覇したことで、3タイトルをコンプリート。ユヴェントス、アヤックス、バイエルン、チェルシーに次ぐ5クラブ目の快挙となった。

 ジョゼ・モウリーニョ監督が就任した今シーズンは、主要タイトル2冠達成と最大の目標だったCL出場権の獲得に成功して終えた。マンチェスター・Uは2月26日に日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンを破ってフットボールリーグ・カップ(EFLカップ)を制覇。9年ぶりの欧州カップ戦タイトルとなるEL初優勝で、今シーズン2度目の戴冠を果たした。

 プレミアリーグでは25試合連続無敗でクラブ記録を更新するなど奮闘したが、6位フィニシュでCL出場権に手が届かなかった。だが、ELを制覇したことで、2年ぶりのCL出場権を獲得。来シーズンはグループステージからの出場が決定した。

 また、来シーズンの“開幕戦”も決まった。プレミアリーグの開幕前に行われるUEFAスーパーカップにEL王者として出場し、6月3日に行われるCL決勝に進出したユヴェントスとレアル・マドリードの勝者と対戦する。試合は8月8日にマケドニアのピリッポス2世アレナで開催される。

■モウリーニョ体制1年目の成績
▼プレミアリーグ
6位:18勝15分5敗(ホーム:8勝10分1敗/アウェイ:10勝5分4敗)/54得点29失点

▼コミュニティシールド ※FAカップ王者として出場
優勝:vsレスター(リーグ王者) 1-2○

▼EFLカップ
優勝:vsサウサンプトン 3-2○

▼FAカップ
6回戦敗退:vsチェルシー 1-0●

▼EL
優勝:vsアヤックス 0-2○

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る