2017.05.05

ラッシュフォードが豪快FK弾も負傷か…マンU、敵地で先勝しEL決勝へ前進

ラッシュフォード
ELセルタ戦で決勝点を挙げたラッシュフォード[写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ヨーロッパリーグ(EL)準決勝ファーストレグが4日に行われ、セルタとマンチェスター・Uが対戦した。

 ともにEL初優勝を目指すセルタとマンチェスター・U。ホームのセルタは公式戦3連敗中の一方で、マンチェスター・Uはここ2試合ドローが続くが、公式戦11戦無敗をキープしている。シーズン終盤で負傷者が続出していたマンチェスター・Uだが、ポール・ポグバやエリック・バイリーらがスタメン入り。また、“マンチェスター・ダービー”で退場処分となったマルアン・フェライニも先発出場した。

試合はセルタの本拠地バライードスで開催された [写真]=UEFA via Getty Images

 最初のチャンスはセルタ。11分、ネマニャ・ラドヤの右サイドからのクロスに、中央のダニエル・ヴァスがフリーでヘディングシュートを放つが、枠を捉えられない。その後はマンチェスター・Uが攻勢に出るが、チャンスを生かせない。20分、マーカス・ラッシュフォードがペナルティエリア手前左から強烈な右足シュートを放つが、相手GKの好セーブに阻まれる。

 35分には、ヘンリク・ムヒタリアンがポグバからのスルーパスでエリア内左に抜け出して左足シュート。39分にはラッシュフォードからのパスを受けたジェシー・リンガードがエリア内中央で右足シュートを放つが、いずれも相手GKにセーブされた。

 試合はスコアレスで折り返し、後半67分に動いた。ラッシュフォードがエリア手前右で仕掛けると、相手のファールを受けてFKを獲得。自らキッカーを務め、右足を振り抜き、シュートを左サイドネットに突き刺した。マンチェスター・Uがアウェイゴールを挙げて先制に成功した。

ラッシュフォード

直接FKを決めたラッシュフォード(右)。EL2戦連発となった [写真]=UEFA via Getty Images

 反撃したいセルタは73分、リズムよいパス交換からエリア内中央のイアゴ・アスパスがボレーシュートを放つが、枠の左に外れる。マンチェスター・Uは75分、リンガードがエリア内中央にこぼれたセカンドボールに反応し、強烈な右足シュートを放つが、枠を捉えられなかった。

 マンチェスター・Uは78分にムヒタリアンを下げてアシュリー・ヤングを、79分にラッシュフォードを下げてアントニー・マルシャルを投入。ラッシュフォードは左ひざを気にする様子でピッチを後にした。さらに89分には、出場したばかりのヤングが負傷交代となり、クリス・スモーリングが入った。

 試合はこのままタイムアップを迎え、マンチェスター・Uが敵地で1-0の勝利。貴重なアウェイゴールを奪い、EL決勝進出に前進した。

 セカンドレグは11日にマンチェスター・Uのホームで行われる。

【スコア】
セルタ 0-1 マンチェスター・U

【得点者】
0-1 67分 マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・U)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
バイエルン
3pt
シャルケ
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る