2017.02.24

トッテナム対ヘントの一戦でEL史上最多観客記録を更新…8万465人が観戦

ウェンブリー・スタジアム
ウェンブリー・スタジアムには8万465人もの観客が集まった [写真]=Tottenham Hotspur FC via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 23日に行われたトッテナム(イングランド)とヘント(ベルギー)によるヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグで、EL史上最多観客記録が更新された。UEFA(欧州サッカー連盟)の公式HP『UEFA.com』が伝えている。

 それによると、“サッカーの聖地”とも称されるウェンブリー・スタジアムで行われたこの試合には、8万465人のファンが詰めかけた。UEFAによれば、これがEL史上最も多い観客動員数として記録を更新。これまでの記録は、マンチェスター・U(イングランド)がリヴァプール(イングランド)を本拠地オールド・トラフォードに迎えて行われた2015-16シーズンのEL決勝トーナメント2回戦の7万5180人だった。今回、5000人以上記録を更新したことになる。

 なお、試合は2-2のドローで終了。ファーストレグで勝利を収めていたヘントがベスト16進出を決めた。ヘントの日本代表FW久保裕也は前所属先でELに出場しているため、メンバー登録外となっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る