2016.11.04

逆転負けで3敗目、EL敗退危機 主将イカルディ「全てが悪い方向に」

イカルディ
先制点を挙げたイカルディ(左)だったが、チームを勝利に導くことはできなかった [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第4節が3日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテル(イタリア)は敵地でサウサンプトン(イングランド)と対戦。インテルは先制したものの後半に2点を失い、1-2で敗れた。

 今月1日にフランク・デ・ブール前監督を解任し、プリマヴェーラ(ユースチーム)を率いるステファノ・ヴェッキ監督が暫定的に指揮を執ったインテル。主将のアルゼンチン人FWマウロ・イカルディがゴールを決めたが、勝利を呼び込むことはできなかった。そのイカルディが試合後にイタリアメディア『Sky』のインタビューに応じた。

 イカルディは「言うべきことはない。我々は今、運がない。全てが悪い方向に向かう。その流れを変えなければならない。それだけだ」と話すと「前半は十分に良く戦った。先制点を奪うことができた。だが、どうしてなのかわからないが、ゴールを許すたびに崩壊してしまう」と、逆転負けを喫したことが理解不能だと肩を落とした。

「どうやって立て直すことができるか分かっていれば、すぐにやっている。全員が良くやるために、当然、変化が必要だ。良く戦うために我々はピッチの上に立つ。(しかし)いろいろなエピソードが起こると、全てがよじれてしまう。我々は仲間全員のために、すべての人のためにピッチに上に向かっている」と続けると、3敗目を喫し絶望的となったグループステージ突破については、「それはピッチの上での戦いが物語るだろう。可能性がある限り全力で戦わなければならない」とコメント。グループステージ突破を諦めていないことを強調した。

 グループK最下位のインテルは24日の次節、アウェーでハポエル・ベア・シェヴァ(イスラエル)と対戦する。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング