2016.11.04

伊紙、オウンゴールの長友に最低点「不運と無様なプレーが混ざりあった」

長友のオウンゴールが決勝点となった [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第4節が3日に行われ、日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンと同DF長友佑都が所属するインテルが対戦。サウサンプトンが2-1と逆転勝利を収めた。吉田、長友ともにフル出場を果たしている。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、同試合の採点を発表。フル出場した吉田には「5.5」、オウンゴールで決勝点を献上してしまった長友には「4.5」と最低点をつけた。(最低1点、最高10点)

 寸評では、長友について「オウンゴールが彼のパフォーマンスを示している。不運と無様なプレーが混ざりあったが、残りのプレーを分析すると、ペリシッチの動きをサポートしなかった」と、厳しい評価を下した。

 一方の吉田については「欧州の舞台ではこれまで威厳ある姿を見せている。しかし、重要な場面では、押し掛けたたくさんの日本人記者を満足させることができず、存在感を発揮できなかった」と、傑出したプレーではなかったと評している。

 インテルの最高点は元スロヴェニア代表GKサミール・ハンダノヴィッチの「7」。サウサンプトンの最高点はオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクの「7.5」、最低点はキュラソー島代表DFクコ・マルティナの「5」だった。

 次節、サウサンプトンはスパルタ・プラハと、インテルはホームでハポエル・ベア・シェヴァとそれぞれ敵地で対戦する。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング