FOLLOW US

EL予選のために地球1/4周…クラブの長距離移動にファンも応じる

カザフスタンまで応援に駆けつけたアバディーンサポーター(画像はアバディーン公式ツイッター:@AberdeenFC)

 30日、ヨーロッパリーグ(EL)予選3回戦ファーストレグが欧州全土で行われた。

 58チームが参加するこのラウンド。UEFA(欧州サッカー連盟)加盟の様々な国と地域のクラブが試合を行ったわけだが、スコットランド1部アバディーンは今回の遠征で大変な目にあっていたようだ。

 予選1回戦から勝ち抜いているアバディーンはこの日、カザフスタンのアルマトイをホームとするカイラトと対戦。

 ファーストレグはカイラトのホームで行われたのだが、アバディーンからアルマトイまでの距離は3400マイル、およそ5472キロであるという!

 ヨーロッパの最西部に位置するスコットランドから、ヨーロッパの最東部に位置するカザフスタンまで…。往復の距離は1万キロを越え、これは地球の約1/4周分にあたる。

 シーズン開幕前のEL予選でこれほどの長距離移動を強いられるのは、監督としては頭の痛いことだろう。

 それでも、地球1/4周分の遠征なんてなんのその、アルマトイには85名のアバディーンサポーターがはるばる応援に駆けつけたようだ。

 しかし、試合は2-1でカイラトの勝利。来週行われるセカンドレグで決着がつけられるが、カイラトのサポーターはどれだけアバディーンまでやって来るのだろうか…?

 なお、アバディーンがこの日訪れたアルマトイという都市は、2022年冬季オリンピックの開催地に立候補。だが、7月31日に行われたIOC(国際オリンピック委員会)総会で、開催地は中国の北京に決定している。

(記事提供:Qoly)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO