2015.05.28

セビージャがEL連覇達成…バッカ2発でドニプロ撃破し4度目の優勝

セビージャ
2014-15シーズンのELを制したセビージャ [写真]=Getty Images

 2014-15シーズンのヨーロッパリーグ決勝が27日に行われ、ドニプロ・ドニプロペトロウシクとセビージャが対戦した。

 クラブ史上初のEL決勝進出を果たしたウクライナのドニプロと、昨年王者で4度目のEL制覇を目指すスペインのセビージャが、ポーランドのワルシャワ国立競技場で激突。

 試合は7分、ドニプロの先制で試合が動く。最終ラインのアルテム・フェデツキーからのロングパスをニコラ・カリニッチがヘディングで落とす。走り上がっていたマテウスが反応し、ペナルティエリア内右から折り返しを入れると、中央でカリニッチが頭で押し込みゴールネットを揺らした。

 先制を許したセビージャは20分、ホセ・アントニオ・レジェスがエリア手前右から左足を振り抜くが、シュートはわずかにゴール右に外れた。だが28分、セビージャの反撃が実る。エべル・バネガの左サイドからのクロスを、エリア内中央のカルロス・バッカが落とす。それに反応したグジェゴシ・クリホヴィアクがワントラップから右足を振り抜くと、シュートはゴール右隅に決まった。

 同点で勢いにのるセビージャは31分、ハーフライン付近のレジェスが前線へスルーパス。それに反応しオフサイドラインぎりぎりを抜け出したバッカが、そのままGKデニス・ボイコもかわし、無人のゴールに流し込んだ。昨年王者セビージャがついに逆転に成功した。

 しかし、ドニプロも意地を見せる。37分、イェブヘン・コノプリャンカがエリア手前左からミドルシュートを放つ。枠の右上隅を突くも、GKセルヒオ・リコがわずかに触り、ゴールを防がれた。すると44分、エリア手前左で獲得したFKから、ルスラン・ロタンが直接狙うと、これが枠の左隅に決まり、ドニプロが同点に追いつく。前半は結局、両チーム2発ずつ決め、ドローで折り返す。

 前半の打ち合いから一転し、後半は拮抗を見せるが、74分にセビージャが均衡を破る。ビトーロのスルーパスに反応したバッカがエリア内中央へ抜け出し、ダイレクトで左足を振抜くと、ゴール右に突き刺さった。

 再びリードを許したドニプロは76分、アルテム・フェデツキーがエリア内右からシュートを放つも枠の右。セビージャは79分、ステファヌ・エムビアの右サイドからのクロスに、中央でフリーのバッカがヘディングで合わせるが、ボイコの好セーブに阻まれる。

 このままドニプロの反撃も実らず、試合はタイムアップ。セビージャが3-2でドニプロに勝利を収め、昨年に続きEL2連覇を達成した。セビージャは、UEFAカップとELで史上最多の4度目の優勝となった。

【スコア】
ドニプロ 2-3 セビージャ

【得点者】
1-0 7分 ニコラ・カリニッチ(ドニプロ)
1-1 28分 グジェゴシ・クリホヴィアク(セビージャ)
1-2 31分 カルロス・バッカ(セビージャ)
2-2 44分 ルスラン・ロタン(ドニプロ)
2-3 73分 カルロス・バッカ(セビージャ)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る