FOLLOW US

昨季王者セビージャ、土壇場の決勝弾で逆転勝利もアウェーゴール許す

決勝点を決めたデニス・スアレス(中央) [写真]=Getty Images

 ヨーロッパリーグ決勝トーナメント準々決勝ファーストレグが16日に行われ、セビージャとゼニトが対戦した。

 昨シーズン王者のセビージャのホームで行われたファーストレグ。ゼニトは、ブラジル代表FWフッキ、ポルトガル代表MFダニー、イタリア代表DFドメニコ・クリッシト、イーゴル・スモルニコフと主力4選手を出場停止で欠く中で敵地に乗り込んだ。

 しかし、最初に決定機を迎えたのはゼニトだった。29分、左サイド深い位置でアレクサンドル・リャザンツェフがボールを受けると、そのままペナルティエリアに向ってドリブルを仕掛ける。中央に切り込んで角度のないところから右足シュートを放つと、一度はGKが弾き返したこぼれ球を、自らゴール左上に豪快に蹴りこみ先制。ゼニトにとっては貴重なアウェーゴールとなった。

 1点をリードして迎えた後半、ゼニトが追加点を奪いに行く。58分、ゴール前も混戦からボールがこぼれると、リャザンツェフがこれを拾ってミドルシュート。しかし、ボールはゴール右上に外れた。続く61分、右サイドから上がったクロスボールが、相手DFに防がれると、クリアボールを拾ったアクセル・ヴィツェルがミドルシュート。しかし、ここはGKセルヒオ・リコの正面だった。

 ホームで勝利が求められるセビージャも徐々にチャンスを作る。65分、カウンターから縦パスを受けたデニス・スアレスがペナルティエリア左に侵入。2人をかわしながらシュートを放ったが、GKユーリ・ロディギンに止められてしまう。さらに73分、右サイドでボールを拾ったアレイクス・ビダルがクロスボールを供給。ゴール前で待っていたカルロス・バッカが頭で合わせて、セビージャが同点に追いつく。

 そして88分、猛攻を仕掛けるセビージャに歓喜の瞬間が訪れる。右サイドからクロスが上がると、ステファヌ・エムビアが競り合ったこぼれ球を、D・スアレスがダイレクトボレーシュート。これがゴール左隅に決まり、セビージャが遂に逆転に成功した。

 このまま試合終了のホイッスルを迎え、セビージャが2-1でゼニトを下している。

 セカンドレグは、23日にゼニトの本拠地ペトロフスキーで行われる。

【スコア】
セビージャ 2-1 ゼニト

【得点者】
0-1 29分 アレクサンドル・リャザンツェフ(ゼニト)
1-1 73分 カルロス・バッカ(セビージャ)
2-1 88分 デニス・スアレス(セビージャ)


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO