2015.03.20

喜びすぎ?ゴールを決めたヴィオラDF、味方のパンチ浴びて流血

ホセ・バサンタ
手荒い祝福を浴びるも、勝利に貢献したバサンタ [写真]=Getty Images

 ヨーロッパリーグ決勝トーナメント2回戦セカンドレグが19日に行われ、フィオレンティーナはローマと対戦し、3-0で勝利を収めた。同試合中、フィオレンティーナのDFホセ・バサンタがチームメイトにけがを負わされていたことが判明した。19日付のイギリス紙『デイリー・メール』が報じている。

 問題の“事件”が起きたのは22分、バサンタがCKを頭で合わせ、ゴールに力強く叩き込んだシーンで起きた。この得点でフィオレンティーナはスコアを3-0とすると、同選手は味方と抱き合い、喜びを分かち合った。

 しかし、同じイタリアのチームを相手に3点差をつけてヒートアップしすぎたのか、喜ぶチームメイトの手がバサンタの顔面にヒットし、同選手は目の横から出血する惨事に。この、少々手荒すぎる祝福を受けたバサンタであったが、フル出場によりチームの準々決勝進出に貢献している。

 フィオレンティーナは22日に行われるセリエA第28節で、ウディネーゼと対戦する。

欧州リーグ順位表

トッテナム
6pt
ボーンマス
6pt
エヴァートン
4pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る