2015.03.20

EL16強で敗退のインテル主将ラノッキア「全てをリーグに注ぐ」

俯くインテルのラノッキア [写真]=Getty Images

 ヨーロッパリーグ決勝トーナメント2回戦セカンドレグが19日に行われ、日本代表DF長友佑都の所属するインテルとヴォルフスブルクが対戦。インテルはホームで1-2と敗れ、2試合合計スコア2-5となり、ベスト16で敗退が決まった。

 インテルは既にコッパ・イタリアでも敗退。ヨーロッパリーグの戦いが終わったため、キャプテンのイタリア代表DFアンドレア・ラノッキアは、「これからは、全ての力をリーグに注ぎ込まなければいけない」と語った。クラブ公式HPが伝えている。

 ベスト8進出には2-0以上のスコアが必要だったが、結果は試合終了間際に決勝点を奪われて競り負けた。ラノッキアも「残念だよ。僕たちは信じていたからね」と敗退を悔やむ。「彼らは最高だった。ピッチに入るときには震えた」とサポーターに感謝するとともに、「だからこそ、彼らのためにより残念な気持ちになる。彼らに喜びを与えたかった」と、勝利を見せられなかったことを嘆いた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る