2015.02.20

欧州で相次ぐサポーターの問題行動…フェイエサポがローマで暴動

ローマ戦を観戦したフェイエノールトサポーター [写真]=Getty Images

 ヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグが19日に行われ、フェイエノールトはアウェーでローマと対戦した。この試合に向けてローマ入りしていたフェイエノールトサポーターが、2度に渡って暴動を起こしていたと、19日付のイギリス紙『デイリーメール』が報じている。

 最初の暴動は試合前日の18日に起きた。これにより33人のサポーターが逮捕され、10人はすぐに釈放されていたが、8人のサポーターは3万3000ユーロ(約450万円)の罰金に処された。

 そして2度目は試合当日の19日午後、ローマ中心地にあるスペイン広場周辺でサポーターが警官と衝突。暴徒と化したサポーターが警官に向かって発煙筒やビンを投げ込むなどし、双方に負傷者が出る事態となっていた。また、17世紀に作られた“舟の噴水”が大きく欠けるという被害も出た。

 チャンピオンズリーグとヨーロッパリーグが再開した今週、パリに訪れたチェルシーサポーターによる人種差別行為など、各地でサポーターの起こす問題行動が話題になっている。

 暴動があったものの予定通り行われた試合は、コートジボワール代表FWジェルヴィーニョのゴールでローマが先制するも、元トルコ代表FWコリン・カジム・リチャーズのゴールでフェイエノールトが追いつき、1-1の引き分けで終了している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る