FOLLOW US

負傷交代の長友に厳しい評価「戦意を抱かせない弱々しいプレー」

右肩を負傷し、途中交代したインテルのDF長友佑都(中央)[写真]=Getty Images

 ヨーロッパリーグ・グループステージ第5節が27日に行われ、DF長友佑都が所属するインテルはドニプロに2-1で勝利を収めた。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、同試合に出場した各選手の採点と寸評を発表。先発出場しながらも、37分に右肩を痛めて負傷退場した長友には「5」の採点を与え、「脱臼で途中交代を強いられたが、戦意を抱かせない弱々しいプレーを見せ、対応は常に遅れていた」と厳しい評価を下した。

 チーム最高点を獲得したのは、PKを阻止する好セーブを見せたGKサミール・ハンダノヴィッチで「7.5」、最低点は退場処分を受けたDFアンドレア・ラノッキアで「4.5」だった。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO