2014.08.01

決勝点のマインツFW岡崎慎司「どんどん自信にしていけばいい」

岡崎慎司
複数の相手選手に囲まれながら突破を図る岡崎(中央) [写真]=Bongarts/Getty Images

 ヨーロッパリーグ本戦出場権を懸けた予備予選3回戦ファーストレグが7月31日に行われ、日本代表FW岡崎慎司所属のマインツとギリシャのアステラス・トリポリスが対戦。ホームのマインツが1-0で先勝した。岡崎は1トップでフル出場し、45分に決勝点を挙げた。

 試合後、岡崎が自身の得点と勝利を振り返った。ブンデスリーガ公式HPがコメントを伝えている。

 岡崎は、「まだ手探りですね、皆が。でも、やりたいサッカーはあんな感じです。サイドバックが高い位置を取って、そこからクロスを上げる感じですね」と、コメント。「(今日の)相手は、自分たちが苦手なタイプで、どこで勝負するかをわかっていなかった。自分自身も前半は(ボールを)取られる場面が多かったけど、後半はそれをなくしてうまく起点になれた。『こういう相手にはこのようにする』ということを、もっと学んでいかなければいけないです」と、課題を挙げた。

 こぼれ球に反応して倒れ込みながら押し込んだ、自身の決勝点については、「よく体が動いたなという感じですね。ゴールを狙っているから、そういうところで反応できたと思う。今は、そういうことをどんどん自信にしていけばいいと思う」と、話し、自身の出来を振り返って、「及第点にもいかないですけどね。ゴールを決めただけなので。それ以外では、シュートも少なかったし。全体的にチャンスがないので、それがすごく気になります。ブンデスでは、ブロックを作ってやってくるチームもいっぱいあるし。そういうところで、どうやってかいくぐって点を取っていくのかという。そういう意味では、点を取れたので良かったです」と、コメントした。

 ホームで先勝したマインツは、7日に敵地でのセカンドレグに臨む。予備予選3回戦を突破すると、21日と28日に開催されるプレーオフへ進むこととなる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る