2014.03.21

EL8強進出へ、フィオのパスクアル「落ち着いて戦えている」

パスクアル
ユヴェントス戦に臨むフィオレンティーナDFパスクアル [写真]=Getty Images

 20日に行われるヨーロッパリーグ決勝トーナメント2回戦セカンドレグがフィオレンティーナとユヴェントスが対戦する。



 敵地でのファーストレグを1-1の引き分けで終え、ホームでのセカンドレグに臨むフィオレンティーナ。イタリア代表DFマヌエル・パスクアルが展望を語った。『UEFA.com』がコメントを伝えている。

 パスクアルは、「何年か、トロフィーを手にするチャンスにあまり恵まれていなかったが、今はこれまでと違う心持ちでいる。今は、以前より良いサッカーができていて、落ち着いて戦えている。このレベルまで到達できたことを喜んでいるよ」と、チームの現状を語った。

 そして、ファーストレグを振り返って、「トリノで1-1というのは、良い結果だ。でも、フィレンツェの人の多くは、勝負は終わったかのように考えている」と、話したうえで、「とんでもない。ユヴェントスは非常に強いチームで、アンドレア・ピルロがキープレーヤーだ。もちろん、彼らについていくように努めるつもりだ。スコアレスドローなら十分満足できるよ」と、展望を語った。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る